■研究者紹介
()
氏 名 松林 道雄 (Dr. Michio MATSUBAYASHI)
所 属 建築生産研究グループ 研究員
専 門 BIM、建築情報学、建築計画
メール
個人HP researchmapへのリンク


 

 略 歴

2021年4月〜 現職
2017年9月 釧路工業高等専門学校創造工学科建築デザインコース建築学分野 助教
2017年5月 筑波大学システム情報系研究員
2017年4月 筑波大学システム情報系博士特別研究員
2017年3月 博士(社会工学)・筑波大学


 所属学協会

    日本建築学会

 最近の主要な研究活動

  • 維持管理場面での利活用を見据えた既存建築物のBIM作成手法の検討(運営費交付金・一般)
  • BIM中要素の空間・属性情報と要素間の関係を用いた施設技術者の知識・経験の表現(科研費・若手研究)


 主要論文等

  1. 松林道雄:既存建築物への適用を見据えた設計図面からのBIM化の検討. 令和3年度国土交通省国土技術研究会発表課題論文集, 活力, pp. 6-9, 2021-11
  2. Michio MATSUBAYASHI: Method for Finding Elements Similar to Those Causing Building Component Failure Based on Building Information Models. Proceedings of the 24th International Conference of the Association for Computer-Aided Architectural Design Research in Asia CAADRIA 2019, 2019; Volume 2: 21-30.(査読あり)
  3. 松林道雄, 渡辺俊:BIMデータ化された設計図書を用いた施設管理の効率化 修繕記録に基づいた建物構成要素のトラブル間隔の分析を通じて. 日本建築学会計画系論文集, 82(734), pp. 1125-1133, 2017-04. (査読あり)
  4. Michio MATSUBAYASHI and Shun WATANABE: Generating two-dimensional schematic diagrams of mechanical, electrical, and plumbing systems from three-dimensional building information models. International Journal of Architectural Computing, 2016; 14(3): 219-232. (査読あり)
  5. 松林道雄, 渡辺俊:既存建築ストックの維持更新に向けたBIMによる設計図書電子化の検討 -筑波大学の施設を題材として-. 日本建築学会技術報告集, 20(45), pp. 795-798, 2014-06. (査読あり)



前のページに戻る


 所在地・交通案内
関連リンク
サイトマップ
お問い合わせ
リンク・著作権


国立研究開発法人 建築研究所, BUILDING RESEARCH INSTITUTE

(c) BRI All Rights Reserved