住宅の性能向上リフォームと三世代同居リフォームに対する補助制度
HOME > 公募概要
   

事業の趣旨

 長期優良住宅化リフォーム推進事業は、インスペクション、性能向上を図るリフォームや三世代同居等の複数世帯の同居への対応に資するリフォーム、 及び適切なメンテナンスによる既存住宅ストックの長寿命化に資する優良な取り組みに対し、国が事業の実施に要する費用の一部について支援する補助制度です。
 

事業概要

1.主な事業要件

 以下の要件を満たす住宅のリフォーム工事事業
@インスペクションを行い、維持保全計画を作成すること。
A住宅の性能向上のためのリフォーム工事又は三世代同居改修工事を行う
 こと。
Bリフォーム工事後に少なくとも劣化対策と耐震性について一定の基準を
 満たすこと。

2.補助対象費用

 下記に示す長期優良住宅化リフォーム推進事業に要する費用とする
@耐震性、劣化対策、省エネ性等の住宅性能向上のための工事。
A@以外の住宅性能の向上に資する工事。
B三世代同居改修工事(キッチン・浴室・トイレ・玄関の増設に係る工事。
 ただし工事完了後、いずれか2つ以上が複数か所あること)
Cインスペクションの実施、維持保全計画の作成等に要する費用。

3.補助率・上限

・補助率:1/3(上記のリフォーム工事を行う建築主等に対して、国が費用
 の1/3を支援)
・上限:100万円/戸(認定長期優良住宅とする場合:200万円/戸)
 三世代同居改修工事を実施する場合:150万円/戸(同:250万円/戸)
 ただし、三世代同居対応工事費については50万円/戸を上限とする。

トップへ戻る