強度試験棟

 建築物の耐震性や構造安全性を確保するため建築構造部材及び接合部等の強度試験、振動試験等を行うための施設で、1000t構造物試験機、中型振動台、汎用多自由度加力装置、波浪振動試験装置、建研式短柱試験機他が設置されています。

■主要実験設備
 中型振動台
中型振動台
テーブル W4m×D3m
搭載重量 20 ton
加振機 動的±30 ton×1
加振方向 水平1方向
振動台支持機 静圧軸受方式
最大振幅 水平方向:±150 mm(20 ton搭載時)
最大速度 水平方向:±1,000 mm/sec(20 ton搭載時)
最大加速度 水平方向:±1.0 G(20 ton搭載時)
最大加振力 30 ton
最大転倒モーメント 90 ton・m(ピッチングガイド装着時)
振動数範囲 0〜50Hz
入力種別 定常波(正弦波、三角波、矩形波)、任意波形等

 1000トン構造物試験機
1000トン構造物試験機
最大容量 1,000 ton(圧縮試験)、500 ton(引張試験)
2,000 ton・m(曲げ試験)
最小目盛 フルスケールの1/1000
ラムストローク ±500 mm
ラム速度N 約 0〜50 mm/min
有効支柱間隔 2,500 mm
加力ヘッド昇降速度 約 150 mm/min
曲げスパン 1,000〜2,000 mm

 波浪振動試験装置
波浪振動試験施設
最大柱軸力 200 ton(圧縮力)、100 ton(引張力)
最大柱せん断力 40 ton(圧縮力、引張力)
最大梁せん断力 40 ton(圧縮力、引張力)
アクチュエーター -200 ton・+100 ton:1本、±40 ton:7本


建築研究所実験施設等のご利用について


前のページに戻る



 所在地・交通案内
関連リンク
サイトマップ
お問い合わせ
リンク・著作権


国立研究開発法人 建築研究所, BUILDING RESEARCH INSTITUTE

(c) BRI All Rights Reserved