■理事長挨拶

 安全・安心で持続可能な住宅・建築・都市の実現に向けて

 建築研究所は、住宅・建築・都市の健全な発展と秩序ある整備に寄与することを目的とし、 70年の歴史を有する国立研究開発法人です。そのため、住宅・建築・都市計画に係わる技術 の調査・試験・研究開発及び地震工学に関する研修等を行い、併せて、それらに関する技術指 導や成果の普及のための活動も実施しています。公正・中立な立場で、科学技術の向上を通じ て国民経済の健全な発展とその他の公益に資するために、研究開発の成果を最大限に確保する ことを目指しています。
 国土交通大臣から指示された第4期中長期目標(平成28 〜 33年度)では、「持続可能な住 宅・建築・都市の実現」という目標が示されています。これを実現するために、第4期中長期 計画において、「安全・安心プログラム」と「持続可能プログラム」の2つの研究開発プログラ ムを策定し、自然災害や火災等による建築物被害の軽減や温室効果ガスの排出削減などに貢献 する様々な研究開発に取り組んでいます。研究開発は産学官連携を保ちつつ実践し、その成果 は国が実施する関連行政施策の立案や建築技術基準等の整備などの形で社会に提示します。こ れらは民間の技術開発や設計・施工の実務などに活用されます。また、地震工学研修を実施し、 開発途上国の技術者等の養成を通じて世界の地震防災対策の促進に貢献します。
 社会からの期待に応えるべく、早急かつ重点的に取り組むべき研究開発を実施するとともに、 高度な研究開発を推進するための人材確保・育成に力を注ぎつつ、長期的な視点から必要な基 礎的・先導的研究開発にも取り組んでまいります。

平成29年4月

緑川 光正
理事長 緑川 光正

工学博士



前のページに戻る



 所在地・交通案内
関連リンク
サイトマップ
お問い合わせ
リンク・著作権


国立研究開発法人 建築研究所, BUILDING RESEARCH INSTITUTE

(c) BRI All Rights Reserved