掲載内容一覧

  1. はじめに
  2. 更新履歴
  3. 計算支援プログラムについて
  4. 住宅に関する省エネルギー基準に準拠したプログラム及び技術情報
  5. 非住宅建築物に関する省エネルギー基準に準拠したプログラム及び技術情報
  6. 参考情報

1.はじめに

本ホームページでは、以下の告示に準拠したエネルギー消費性能(外皮性能を含む)の評価に関する技術情報を公開しています。 これらの技術情報は、国土交通省国土技術政策総合研究所、国立研究開発法人建築研究所、一般社団法人日本サステナブル建築協会が中心となり、 大学の学識経験者及び実務者と協力して取り纏めたものです。


建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律(建築物省エネ法)

エネルギーの使用の合理化等に関する法律(省エネ法)


本ホームページでは、平成28年1月に公布された「建築物省エネ法に基づく告示」及び「省エネ法に基づく告示」、令和元年11月に公布された「建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律の一部を改正する法律に基づく告示」を 「平成28年省エネルギー基準」と表記し、 平成28年1月に公布された「省エネ法に基づく告示の附則(経過措置)」、即ち、「平成25年9月に公布された告示」を「平成25年省エネルギー基準」と表記しています。


なお、国土交通省国土技術政策総合研究所、国立研究開発法人建築研究所、一般社団法人日本サステナブル建築協会は、 本サイトで公表するプログラム及び資料等により、使用者が直接間接に蒙ったいかなる損害に対しても、何らの保証責任及び賠償責任を負うものではありません。 使用者の責任のもと、プログラムの使用、結果の利用を行ってください。


ページの先頭へ↑

2.更新履歴

R02.09.18 複数用途集計ツールについてのお知らせ(こちら)。
R02.09.11 「よくわかる! モデル建物法による計算ガイドブック」 紹介ページへのリンクを追加しました(こちら)。
R02.08.20 「エネルギー消費性能の算定方法」を更新しました(こちら)。
R02.08.06 「エネルギー消費性能の算定方法(次期更新版)」を更新しました(こちら)。
R02.08.05 「エネルギー消費性能の算定方法」を更新しました(こちら)。
R02.08.03 「エネルギー消費性能の算定方法(次期更新版)」を更新しました(こちら)。
R02.07.31 「エネルギー消費性能の算定方法」を更新しました(こちら)。
R02.07.29 「エネルギー消費性能の算定方法(次期更新版)」を更新しました(こちら)。
R02.07.03 「エネルギー消費性能の算定方法(次期更新版)」を更新しました(こちら)。
R02.06.26 「エネルギー消費性能の算定方法」を更新しました(こちら)。
R02.06.22 「エネルギー消費性能の算定方法(次期更新版)」を更新しました(こちら)。
R02.06.22 「エネルギー消費性能の算定方法」を更新しました(こちら)。
R02.06.12 「エネルギー消費性能の算定方法」を更新しました(こちら)。
R02.06.10 「エネルギー消費性能計算プログラム(非住宅版)」を更新しました(Ver.2.9.0からVer.2.9.1への変更点)。
R02.06.10 「モデル建物法入力支援ツール」を更新しました(Ver.2.9.0からVer.2.9.1への変更点)。
R02.06.09 「エネルギー消費性能の算定方法(次期更新版)」を更新しました(こちら)。
R02.06.04 「エネルギー消費性能の算定方法」を更新しました(こちら)。
R02.06.01 緊急事態宣言の解除に伴い、制限付きで省エネサポートセンター業務を再開しました。(こちら
R02.05.28 「エネルギー消費性能の算定方法」を更新しました(こちら)。
R02.05.22 「エネルギー消費性能の算定方法(次期更新版)」を更新しました(こちら)。
R02.05.20 「エネルギー消費性能の算定方法(次期更新版)」を更新しました(こちら)。
R02.05.15 「エネルギー消費性能の算定方法(次期更新版)」を更新しました(こちら)。
R02.05.11 「フロア入力法による共同住宅の評価シートVer.02」及び「フロア入力法による共同住宅の評価シートの使い方について Ver.02」を更新しました(こちら)。
R02.04.15 「フロア入力法による共同住宅の評価シートVer.01」及び「フロア入力法による共同住宅の評価シートの使い方について」を公開しました(こちら)。
R02.04.08 緊急事態宣言の発令等の状況を鑑み、省エネサポートセンターは当面休止とさせていただきます。
R02.04.03 「エネルギー消費性能の算定方法(次期更新版)」を更新しました(こちら)。
R02.04.01 「エネルギー消費性能の算定方法」を更新しました(こちら)。
R02.04.01 「エネルギー消費性能の算定方法(次期更新版)」を更新しました(こちら)。
R02.04.01 「エネルギー消費性能計算プログラム(非住宅版)」を更新しました。マニュアルも更新されています。
R02.04.01 「モデル建物法入力支援ツール」を更新しました。マニュアルも更新されています。
R02.04.01 「小規模版モデル建物法入力支援ツール(試行版)」を公開しました。マニュアルも公開されています。
R02.03.06 「エネルギー消費性能の算定方法」を更新しました(こちら)。

過去の更新履歴はこちら

ページの先頭へ↑

3.計算支援プログラムについて

各種計算支援プログラムは、住宅用と非住宅建築物用に分かれています。共同住宅については、住戸部分は住宅用、共用部は非住宅建築物用のプログラムを使用してください。


ページの先頭へ↑

4.住宅に関する省エネルギー基準に準拠したプログラム及び技術情報

4.1 住宅に関する省エネルギー基準に準拠したプログラム

住宅に関する各種計算プログラムに関連するコンテンツを提供するサイト「住宅に関する省エネルギー基準に準拠したプログラム」を新たに開設しました。


  • エネルギー消費性能計算プログラム(住宅版/気候風土適応住宅版/特定建築主基準版)及び外皮性能の計算プログラムへは、最新バージョン・旧バージョン・次期バージョンともに、「住宅に関する省エネルギー基準に準拠したプログラム」からアクセスできます。
  • これらのプログラムに関する更新履歴については、「住宅に関する省エネルギー基準に準拠したプログラム」においてお知らせ致します。(技術情報に関連する更新履歴は、本ページにおいてお知らせ致します。)  

ページの先頭へ↑

4.2 技術情報

  • 平成28年省エネルギー基準に準拠したエネルギー消費性能の評価に関する技術情報(住宅)

ページの先頭へ↑

5.非住宅建築物に関する省エネルギー基準に準拠したプログラム及び技術情報

5.0 小規模版モデル建物法入力支援ツール(試行版)

上記プログラムのリンク先URL → https://small-model.app.lowenergy.jp/


  • プログラムのマニュアル(平成28年省エネルギー基準に準拠したエネルギー消費性能の評価に関する技術情報(非住宅建築)のページ)

試行版の試用にあたっての注意事項

  • 試行版プログラムによる計算結果は正式な手続きには使用できません。
  • 試行版は開発中のため、予告なく変更することがあります。
  • ウェブブラウザのバージョンについてはこちらをご確認ください。
  • 国土交通省国土技術政策総合研究所、国立研究開発法人建築研究所、一般社団法人日本サステナブル建築協会は、 本サイトで公表するプログラム及び資料等により、使用者が直接間接に被ったいかなる損害に対しても、 何らの保証責任及び賠償責任を負うものではありません。

ページの先頭へ↑

5.1 モデル建物法

上記プログラムのリンク先URL → https://model.app.lowenergy.jp/

旧バージョン(Ver.2.8.3) → https://model.prev.lowenergy.jp/ (2020年9月30日まで公開)


  • モデル建物法入力シート_Ver2用 (ZIPファイル 約468KB) R02.06.05更新
  • モデル建物法入力シート_Ver2用(プルダウンなし) (ZIPファイル 約473kB) R02.06.05更新
  • 誤作動を防ぐため「シートの保護」を有効にしていますが、パスワード(kenken)を入力することにより、解除が可能です。 ただし、解除は自己責任で行ってください。

  • Excel 2007では正常に動作しません。サポート対象外とさせていただきます。


  • プログラムのマニュアル(平成28年省エネルギー基準に準拠したエネルギー消費性能の評価に関する技術情報(非住宅建築)のページ)

ページの先頭へ↑

5.2 標準入力法・主要室入力法

上記プログラムのリンク先URL → https://building.app.lowenergy.jp/

旧バージョン(Ver.2.8.6) → https://building.prev.lowenergy.jp/ (2020年9月30日まで公開)


5.3 その他のツール

日よけ効果係数算出ツール

入力シート・コンバーター

上記プログラムのリンク先URL → https://inputsheet-converter.beta.lowenergy.jp/


標準定格条件下の熱源性能推定ツール

上記プログラムのリンク先URL → https://heat-source.app.lowenergy.jp/


  • 応用定格条件下の性能しか仕様書に記されていないターボ冷凍機、吸収式冷凍機については、本ツールで標準定格条件下の性能を推定して、その値をプログラムに入力することができます。

ページの先頭へ↑

5.4 技術情報

6.参考情報

6.1 リンク

ページの先頭へ↑

6.2 サポート

プログラムの使い方等に関するお問い合わせは、一般財団法人建築環境・省エネルギー機構の「省エネサポートセンター」で 受け付けております。なお、建築研究所、国土技術政策総合研究所ではお問い合わせを受け付けておりません(お問い合わせいただいても回答は差し上げておりません)。予めご了承ください。

お問い合わせにあたりましては、下記のFAQ(良くある質問と回答)に類似の質問がないかを必ずご確認ください。


  • FAQ (一般財団法人建築環境・省エネルギー機構の「省エネサポートセンター」によるFAQページが表示されます)

プログラムの画面表示の不具合などにつきましては、予め、お使いのウェブブラウザ及びそのバージョンをご確認ください。


  • 一般財団法人建築環境・省エネルギー機構「省エネサポートセンター」
    • 当面、メール・電話ともに
      奇数日の平日は住宅及び共同住宅の住戸部分、
      偶数日の平日は住宅以外の建築物および共同住宅の共用部
      の問い合わせに対応いたします。
    • 受付時間:平日9:30~12:00、13:00~17:30
    • support 
      • ※電話は込み合って通じないことがありますので、なるべくメール、FAXをご利用ください。
      • ※電話番号はおかけ間違いのないようにご注意ください。

ページの先頭へ↑