■建築研究資料

No.193号(2019(平成31年) 3月)

「東日本大震災における地震被害を踏まえた吊り天井の基準の整備に資する検討」


脇山善夫,石原直,元結正次郎,清家剛,
坂本功,大宮幸,沖佑典


国立研究開発法人建築研究所


    
<概要>
本資料は、東日本大震災における吊り天井の脱落被害を踏まえ、平成 23 年度の建築基準整備促進事業として実施された(イ)東日本大震災による被害状況の整理・分類、と(ロ)東日本大震災の被害状況を踏まえた基準のあり方の検討、の2つを基に一部を修正してまとめたものである。(イ)に関しては、アンケート調査や現地調査により東日本大震災における天井の脱落等の被害状況を把握するとともに、対策を考える上で着目すべき項目等をまとめている。(ロ)に関しては、対策の基本的な枠組みや対策を取るべき天井の重量・規模・高さについての検討、耐震的な仕様の検討、天井の設計用地震力の設定等に関する検討をまとめている。




表紙・はしがき・概要・目次      463KB
1.はじめに 285KB
2.地震による天井の脱落被害 10,162KB
3.天井の耐震対策の検討 1,081KB
4.天井の耐震的な仕様の検討 490KB
5.吊り天井の耐震性に関する計算方法の検討 6,183KB
5章 付録 1,059KB
6.まとめと今後の課題 346KB
奥付 109KB
全文 17,568KB


建築研究資料一覧へ戻る | 出版物一覧へ戻る


 所在地・交通案内
関連リンク
サイトマップ
お問い合わせ
リンク・著作権


国立研究開発法人 建築研究所, BUILDING RESEARCH INSTITUTE

(c) BRI All Rights Reserved