住宅・都市研究グループ

 高齢化、 人口減少社会における住宅・都市のマネジメント技術の研究や地域の特性に応じた住宅・都市における課題への対応技術の研究、 地震や火災等の災害が発生した後の迅速な復旧・復興等に資する建築物被害調査の高度化に関する研究等を行っています。


 

■令和6年度運営費交付金実施研究課題

  1. 人の移動を加味したマイクロシミュレーションによる将来都市構造予測・評価技術の開発
  2. 高齢化・人口減少下で発生する災害における持続可能な住宅・都市復興策の検討
  3. 居住者の住居費負担能力に関する分析及び既存住宅ストックの住宅セーフティネット機能に関する研究
  4. 都市公園等を活用した公共施設等の建替・再編に関する事例研究
  5. 商業市街地の用途混在化と建築用途別インフラ負荷に係る基礎的研究
  6. 公的統計ミクロデータへの地理空間情報付加による住宅ストック推計の高度化
  7. DXに対応した応急危険度判定の高度化に必要な技術開発
  8. リモート・センシング技術による地震災害後の市街地被害の迅速把握技術の実運用
  9. マルチハザードを想定した都市における建築・土地利用の誘導のあり方に関する研究
  10. 市街地防火性能評価の精緻化に関する研究

■トピックス
  [公開資料]
     
  →[過去のトピックスはこちら]
■グループメンバー(2024/4/1)
 氏名 肩書 専門
 藤井 利幸 住宅・都市研究グループ長 都市政策,住宅政策,国土政策
 竹谷 修一 主席研究監 都市防災
 田畑 正敏 上席研究員 都市政策(都市の緑地保全・緑化推進、都市公園の整備・管理運営等)
 米野 史健 上席研究員 住宅政策、都市計画
 阪田 知彦 上席研究員 都市空間情報, 地理情報システム, 都市解析, 都市調査, 都市計画,リモート・センシング
 中野 卓 主任研究員 都市計画、統計解析
 今野 彬徳 研究員 住宅政策、都市計画
 津留ア 聖斗 研究員 建築人間工学、日常災害、バリアフリー
研究所全体の研究者一覧はこちら


前のページに戻る



 所在地・交通案内
関連リンク
サイトマップ
お問い合わせ
リンク・著作権


国立研究開発法人 建築研究所, BUILDING RESEARCH INSTITUTE

(c) BRI All Rights Reserved